2017/06/14(Wed)
私の苦手な「受け答え」に、『違うの』があります。

とても仲良くしている人に、この受け答えがデフォになっている方が二人いて、最初は違和感ありあり、でした。

例えば、こんなやりとりになります。

パターン1
私「わあそれ(服)素敵ね!」
相手「違うの」
私「?」
相手「セールだったのよ」

・・・なにが違うねん?(;^ω^)

パターン2
私「おいしそう!おはぎを自分で作るなんてすごいなあ」
相手「違うの。おはぎはよく作るけど、今日のは失敗したかも」
私「いやいや、手間がかかるものなのにありがとうね」

・・・返すなら「お気に召すといいんだけど」くらいがスマートだと思うけどなあ。

パターン3
私「忙しかったんだ?」
相手「違うの。でかける用事が多くて、家にいられなくて」

・・・それを人は「忙しかった」というのではないんかい?(;^ω^)

パターン4
相手「昨日、眼鏡ショップに行ったんだけど」
私「作り変え?」
相手「違うの」

・・・結局、作り変えの話でした(´-ω-`)




という感じです。
みなさんの周りにもいませんか?

違う、とか、違うの、という言葉はけっこうキツイ言葉です。
口調と使う場に左右されますけど、私にとってはそれを言われると、否定され、発言をストップされる、ことになります。
たわいない女子トークで、なにか言うたび、「違うの」という言葉で始まるのは、私はちょっと疲れます。
私が「違うの」という単語に過剰反応しているのもあるかもしれませんね。

でもご心配なく~。
相手のことが好きな気持ちがそれを上回るので、これからも二人とはお付き合い願いたいと思っています。


私もなにかおしゃべりに癖があって、相手に負担かけてないかなあと自問自答もします。
否定したい時は、「違うの」と一刀両断せずに・・なるべくソフトに言うようにしているんですけど・・どうかなあ。


プロフィール
Hippo
  • 性別
    女性
遊びに来てくださってありがとうございます。
管理人は2015年に無事?還暦を迎えた主婦です。
仕事はPC講師で、見た目は年齢通りですが、中身は30代のつもりです←厚かましい
◆食べ歩きに使用している写真は、但書がない場合、お店の撮影許可済です。
        1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
最新記事
最新コメント
ブログ内検索